Espace Photo 22

2人の写真ブログ

septembre 2014

DFA_1140
車のライトの軌跡をスローシャッターで撮ろうと、ちょうどそばにあった郵便ポストの上に固定して撮った。亡霊が漂うような意図しない光の具合になった。講評では、遠くの光が綺麗なのだから、軌跡がなくてもそのまま撮ったほうが良かったんじゃない?とのことだった。

NIKON Df + Carl Zeiss DISTAGON T* 1,4/35mm ZF.2

DFA_1147
いかにも渋谷、という場所も撮りたいので、色々試してみた。まだ宵の口なのに、こんなに人通りがぱったり途絶えることもあるのだなと意外が気がする。

NIKON Df + Carl Zeiss DISTAGON T* 1,4/35mm ZF.2

img025c_289

プロに負けじと夜景を一枚。田町のニコンカレッジ、ビルの34階から撮影。もろもろの設定がなかなか上手くいきません。たくさん撮ってみなければ思ったような画像が得られないようです。何はさておき経験値がものを言いそうです。

NIKON D4s + AF-S NIKKOR 24-70mm f / 2.8G 

DFA_1234
東口側の歩道橋の上から。高速道路の高架の天井に写った光が綺麗だと思って写した。1秒のスローシャッターなので、歩道橋の手すりにカメラを乗せて固定している。ところが歩道橋というのは、人が渡っていると結構揺れるもので、なかなかブレないで写すのが難しい。

NIKON Df + Carl Zeiss DISTAGON T* 1,4/35mm ZF.2

DFA_1120
のんべえ横町から西武百貨店のほうへ出るトンネル。アーチ型天井が気に入っている。特徴的な色味がないのでモノクロにしてみた。

NIKON Df + Carl Zeiss DISTAGON T* 1,4/35mm ZF.2

DFA_1127_01
渋谷定番ののんべえ横丁。講師の先生が夜の街は思いっきり赤い色調で撮るのがご自分の目下の好みだそうで、私もちょっと真似してホワイトバランスをかなり赤くしてみた。この通りは、縦位置で撮るか横位置で撮るか、人をどの程度入れるか、とても迷う被写体だ。ずいぶん色々撮ってみたが、縦位置だとこの画角ではビルが写ってしまうので、横位置のほうが良いかなあと思う。

NIKON Df + Carl Zeiss DISTAGON T* 1,4/35mm ZF.2

img025c_288

秋祭りの子供御輿が家の前まで来たので一枚。50mmの標準レンズは、もちろん画角が人間の視野に近いので「標準」と言うのだろう。いつも撮ってから思うのだが、被写体を選んで構図を強調するには最適かも知れないが、情報量が少なすぎるように感じるのはおそらく腕が悪いせいか?スナップは35mmの横幅の視野が自然に見えるが、プロの新聞記者などのレンズに35mmが多いのは 、そのせいか?

NIKON D4s + AF-S NIKKOR 50mm  f / 1.8G 

DFA_1257 b
夜の街のスナップを手持ちで撮るという講座に参加している。先週の撮影実習は渋谷だった。光(直接光や反射光を含めて)の綺麗なところを意識して撮るようにという講師の先生のアドバイス。渋谷と言っても現代的な場所、下町のような風情を見せる場所、人々の集う場所、ひっそりとしている場所と様々だ。三脚なしの撮影だから、明るいレンズのほうがよいかなと思い、単焦点35mmをメインとして持っていった。標準ズームも持参したが、ほとんどは35mmで撮影。

NIKON Df + Carl Zeiss DISTAGON T* 1,4/35mm ZF.2

このページのトップヘ